Female

おりものの臭いケアで悩みを解消|ホルモンとの上手い付き合い

治療を受ける

Girl

小陰唇が大きくなることで、生活に支障を与えてしまうことがあります。また、症状が悪化してしまうことで、痛みや臭いが発生させてしまうことがあるのです。さらに、小陰唇が大きくなることで、下着を着用している際に擦れてしまい、黒ずみを発生させてしまいます。そうならないように、小陰唇縮小手術を受けることで、適度な大きさに改善することができます。改善することができれば、臭いを発生することも無く日常生活を支障なく送ることができるでしょう。

小陰唇が大きくなる原因としては、思春期から大人になる成長段階でホルモンバランスが崩れてしまうことで、膨張してしまいます。小陰唇の適度な大きさとすると、外側から2センチで、長さや5センチから7センチだと言われています。この大きさ以上あれば小陰唇が大きいと分かります。また、座った際に違和感がある、生理時にナプキンで擦れて痛む、性行為時に痛みを感じてしまうといったことがあれば、小陰唇肥大の可能性があります。しかし、小陰唇が大きくても小陰唇縮小手術を受けることで、痛みや違和感が無くなるでしょう。

病院で小陰唇縮小手術を受けられ、術後のことも考えながら医師と相談ができます。小陰唇縮小手術を受ける際には、病院などで施術方法が異なるのですが、短時間で治療が完了します。治療が終わっても出血をしてしまうこともありますが、その日でお風呂に入ることができます。しかし、性行為は一ヶ月くらい控える必要があるので、受ける前に注意点を把握して受けるようにしましょう。

Copyright© 2015 おりものの臭いケアで悩みを解消|ホルモンとの上手い付き合いAll Rights Reserved.